kotaoueはそんなかんじ

kotaoueの最新情報。

Google Analyticsで404を計測する方法

Google Analyticsがデフォルトだと404ページの計測ができないので、
SiteCatalystとかと比べるとイマイチだなぁと思っていた。

で、ちょいと調べたところ
公式が説明してる方法ありましたよ~

Google Analytics Blog: Tip: Tracking 404 Pages

How do I track error pages so they show up in my reports? – Analytics Help
トラッキングコードが旧Ver(urchin.js)なら上、新Ver(ga.js)なら下使えばOK

これを404.htmlとかerrorページとして表示しているHTMLのソースに入れると、
Analyticsのコンテンツ → 上位のコンテンツのところに404.htmlのデータが計測されてくる。

リファラーとかの情報いらなければ、

pageTracker._trackPageview("/404.html?page=" + document.location.pathname + document.location.search);

とかしてやればOK。
PHPと組みあせれば、結構な情報が保存できるッちゅー訳だ。
※しかし、Googleさんはもう少し日本語での情報を公式配信してくれると嬉しい

ということで、画面遷移についての情報がとりにくいことと、
行数の多いデータをエクスポートしようとしたときに、いちいちURLに直接クエリを追加するっていうのが面倒なのを除けば、
SiteCatalystとかと比べてもAnalyticsに不満はなくなった感じかな。


コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。