kotaoueはそんなかんじ

kotaoueの最新情報。

FreeBSDでapachectl status見るまでの短い冒険

$ apachectl status

とすると、apacheのステータスが見れるはずなんだけども、
とあるFreeBSDのサーバで、実行してみると、

lynx: not found

というエラーが…

ということなので、lynxをインストール。

fetch http://lynx.isc.org/release/lynx2.8.7.tar.gz
tar -zxvf lynx2.8.7.tar.gz
./configure
make
make install

ちなみに、最新版は、http://lynx.isc.org/release/で確認してね(`・ω・´)

で、lynxもインストールしたしってことで、

$ apachectl status

すると、今度は…

You don't have permission to access /server-status on this server.

…だと…

となるので、
/usr/local/etc/apache22/httpd.conf
あたりを、

<Location /server-status>
    SetHandler server-status
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from localhost
</Location>

のようにして、再起動。
ちなみに、Allow from にすでになんか追加されていたら、スペースで区切って
Allow from 128.0.0.1 localhost
見たいにすればOK。

あとは、サーバを再起動して、

$ apachectl status

で、念願の↓の感じの表示が!!

Current Time: Tuesday, 14-Feb-2012 22:00:00 JST
Restart Time: Tuesday, 14-Feb-2012 21:55:00 JST
Parent Server Generation: 128
Server uptime: 5 minutes 00 seconds
Total accesses: 65535 - Total Traffic: 512.0 MB
CPU Usage: u20.0000 s15.0000 cu0 cs0 - 1.00% CPU load
10.0 requests/sec - 256.0 kB/second - 10.0 kB/request
32 requests currently being processed, 128 idle workers
グラフの見方は、【ぷろじぇくと ぞうさん】 ~E-Bananaサーバ 構築日記~を参考にさせていただきました(o゚ω゚o)
ちなみに、Parent Server Generationが増えるかどうか気になって、無駄に再起動をやってしまった

apachectl -k graceful

でも増えたよ


コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。