kotaoueはそんなかんじ

kotaoueの最新情報。

Smartyを利用して偶数と奇数行でクラスを割り当てたりする。

よく、ulの中のliに対して、偶数と奇数でそれぞれクラスを設定したいって思うことがあると思うけれども
Smaryだと、単純なfor使えないし、foreachのカウンタとってってめんどいなぁって常々…
が、{cycle}って関数使えば簡単にできた…
使い方は、↓の感じ
{foreach from=$johnny.heysayjump key="key" item="value" name="member"}
    <li class="{cycle values=odd,mod name="member"}">{$value}クン</li>
{/foreach}
foreachとcycleのnameは一緒にしなきゃ駄目ね~
で、実行すると、↓見たいなのが作れる。
  • 山田涼介クン
  • 知念侑李クン
  • 中島裕翔クン
  • 森本龍太郎クン
  • 岡本圭人クン
  • 有岡大貴クン
  • 髙木雄也クン
  • 伊野尾慧クン
  • 八乙女光クン
  • 薮宏太クン
偶数奇数だけじゃなくて、class_gaia→class_mash→class_ortega→class_gaia みたいなループもできる
詳しくは、↓
{cycle} | Smarty
 ∧_∧
(´・ω・)      キキーッ!
O┬O )
◎┴し'-◎ ≡

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。